写真集「HOME」のこと①

覚えているのはたいがい、飲食店で飲み食いしているシーンだったりする。

写真家の中村治さんにはじめて会ったのは、当時中村さんが住んでいた、浅草橋だったと思う。養蜂家の鈴木一さんの紹介で、浅草橋にある小さくて人気のある立ち飲み屋でお酒を飲み、 おいしい 焼き鳥を食べた。その時、僕が出版を始めようとしていること、そして中村さんの写真集をそこから出すといいという話を、鈴木さんが中村さんにしていたことを覚えている。

僕はといえば、1人で出版を始めようという気持ちは持っていたものの、はじめて会った写真家の、しかも写真集というかなりお金がかかりそうで、売れなさそうなジャンルの本を出すというのはなかなか勇気のいることで、その場はやるともやらないともいえない、曖昧な気分で焼き鳥を頬張っていた。

その後も、中村さんと鈴木さんと3人で会う機会が幾度かあって、覚えているのはたいがい、飲食店で飲み食いしているシーンだったりする。月島でもんじゃの店に入って高いメニューばかり頼んだり、もう1軒行こうと考えてうろついた挙句、結局ファミレスしか見つからず、鈴木さんが帰らなければならない時間までひたすら話し続けたり、といった具合だ。

続きを読む →